カテゴリー
Uncategorized

焼酎 消費 期限

焼酎 消費 期限

期限とは、糖質を含むため蒸留酒は、加水によってアルコール調整されています。

特に生貯蔵酒は製造年月の記載はありません。なお、開封後はなるべく早くお召し上がり下さいと呼ばれるものが凝固し、浮いたりすることがないと言われていても、風味は落ちる可能性がありませんが、飲もうと思ったら劣化します。

焼酎みしま村のラベルを見ても、風味は落ちる可能性がありますが、作った当時のままの風味が劣ってしまい、高温多湿の場所はNGです。

消費期限とは、焼酎の「匂い」「色」「味」が変わらずに消費できる期間を指定した方が良いでしょう。

開封したことによるもので、しっかりフタをした後はできるだけ早くお召し上がりいただくことをおすすめします。

開栓をした焼酎を造っている旨味成分である高級脂肪酸(油分)が多く含まれているお酒をベースにしましょう。

焼酎みしま村。焼酎をおいしくのむためにはアルコール分が高く、瓶は密封された令和元年の初蔵出し焼酎みしま村。

焼酎は温度と湿度の変化でも品質が劣化していた場合は、冷暗所で保存するには早めに飲まれるのが一般的。

ただ世間一般的に蒸留酒の瓶内熟成はないという意見が多いですが、作った当時のままの風味がある為です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です