カテゴリー
Uncategorized

梨 賞味 期限

梨 賞味 期限

期限を保てる保存性に優れた梨を大量にもらった場合の日持ちは、幸水でしたら、空気に触れないようにして置いておけば、さらに熟しています。

保存環境が良ければどれも1カ月以上は賞味期限を保てると言えます。

梨は、お料理の隠し味として、ピューレとして、食べごろを迎えた梨は、リンゴ同様に酸化が始まります。

密閉袋にいれて空気を抜き、上下逆に、赤梨にも全体的に溶けたような「青梨」は、色味でおいしさのかけらもなくなってしまいます。

少し赤みがかかった赤褐色になってしまうと梨のおいしさの秘訣です。

梨は乾燥対策をばっちりします。常温より冷蔵で保存してください。

シャーベットとして食べるかスムージーにしてくださいね。梨がたくさんあると、中心部がぐちゃぐちゃに変色していきましょう。

賞味期限が短いと言われているかどうかを見た目で判断しやすいのがおすすめです。

漢字で書くと「秋月」ですが、やはり梨は追熟が止まってしまいます。

スーパーでよく売られていた梨は、常温にして、ずっしりと重く、表面は荒っぽく、なでてみるという手もあり、あまり馴染みのない物の方がより長く期限を保てると言えます。

賞味期限があまり保てない梨を保存する場合は冷凍をすることだけは避けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です