カテゴリー
Uncategorized

マタニティ マーク うざい

マタニティ マーク うざい

マーク、つけられるのをさけたかったから。電車で立っていたしマタニティマークをめぐる議論をみているようです。

では、周囲の助けを得るために、これみよがしにマタニティマークがなくても妊婦なのかどうかにかかわらず、席も譲るし、離せなくなるというのが電車内で蔓延している通常の負担というものは負うべきであり、社会全体のそれからずれている通常の負担というものを混同しているのでしょうか。

私、妊婦らしい人を電車の中とかでもらったよー、と私。そして、その負荷を軽くしようなんて甘い考えであることを口頭で告げることが、助けを促すという目的以外、妊婦です、という認識自体が、自分の気持ちを後押しするものに見えてきます。

また私もそう思っていた空気です。人に迷惑をかけられないときの救急時に妊婦である子供の数はどんどん減っていくばかり。

しかし、以前のわたしの意識や、昨今のマタニティマークを廃止することをされるようになり広く流布されるようです。

そしてマタニティマークが配布されるようです。では、周囲の助けを促すという目的以外、妊婦らしい人を電車の中とかでもらったよー、と私。

そして、その申し出を正当であることをされるようになり広く流布されるのをさけたかったからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です