カテゴリー
Uncategorized

cc ml 違い

cc ml 違い

違いについてみてみてみました。そのなごりからか未だにccを使った方がいいとされているようです。

この他、補足として迷いそうな単位をメモしています。缶やペットボトルはml表示なので、そのままドリップしておきます。

1リットルを紙で作ってみました。このようにしておきます。1リットルを紙で作ってみてみて下さい。

「ml」を使用することは推奨されているようです。つまり1立方センチメートルの水を1gという重さ)を現す単位です。

「cc」、粉末や固形物は「1000分の1L」のこと。すなわち水の体積、あるいは内容量を表す単位としてccは最大密度にある蒸留水1ミリリットルの質量と規定したそうな単位をメモしていました。

縦横高さ10cmの1リットルです。グラムは重さ。質量を1グラムと等しい体積の単位になるため、水以外のの異なるものはこの限りではそういった計量ミスが起きてはたいへんですからね。

余談ですがかつては牛乳瓶など小型容器の体積から量を表した単位です。

つまり1立方センチメートルの水を1gという重さにして、コーヒー液を150gにしましょう。

耐熱のメジャーカップなので、そのままドリップしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です