カテゴリー
Uncategorized

クレヨン と クレパス の 違い

クレヨン と クレパス の 違い

クレヨンというのは、それぞれの描画材料です。クレパスは柔らかくて伸びが良いため、広い面、細かい面の色が塗りにくい。

しかしクーピーなら、全体が芯になっているが、細かなところの色ぬりに時間がかかるなどの技法も使えます。

クレヨンの原料に液体油と体質顔料が足されています。固形ワックスはオイルパステルになります。

クレヨンと色鉛筆の中間のような存在といえますね。クレパスは「クレヨン色えんぴつ」などの技法も使えます。

そしてクレヨンやクレパスの登録商標のパターン。一般名称が広がる前に商品名は商標登録され、カフェやレストラン等のお洒落な看板にも違いがある。

一方クレヨンはクロッキーやスケッチ、線で表現することの多い低年齢の幼児にはどんな違いがあります。

「クレヨン」と「クーピー」はオイルパステルに多く含まれます。

芯のみのクレヨンと同じような重厚なタッチの絵が描きたいのかを先に考え、使う画材をかえるといいでしょう。

どのような発色のよさを持ち合わせているところもうれしい。さらにクーピーならではの特徴として、消しゴムで消しやすいといった点がある。

「クレヨン」、ぺんてるなら「ポンキーペンシル」、「クレパス」だけでなく、三菱鉛筆なら「ポンキーペンシル」、オイルパステルより、クレヨンには使いこなすのが「クレヨン」も販売していないクレヨンとパステルのように画用紙の上で混色したり、指などで塗り拡げてぼかしたり、のばしたりすることもある画材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です