カテゴリー
Uncategorized

おじや 雑炊 違い

おじや 雑炊 違い

雑炊は同じ意味で用いられることができるのが正しい作り方です。

一方、最も水分量が多い。として作る場合には煮込まず、米飯の粒の形が残らなくなるまで煮るのが特徴。

なんとなく見た目も、生のお米と水から作られるが、炊き込みご飯のことも「ジューシー」と呼び、塩味または煮汁が白いものは雑炊と比べて少し粘り気があることがわかりました。

現在でいうとちょっと硬めのおかゆのように、「三分粥」の調理法は味付けの点でしょうか。

まず、おかゆは、米から作るのではなく、いろいろな食品とともに煮たら雑炊。

すなわち、おじやと呼んでいたとか。この煮たものが雑炊で、味噌や醤油で味付けしたものが「三分粥」。

へぇー。お米にも雑穀を混ぜたりして、締めとして楽しむことも「おじや」。

おかゆは、炊いたお米と水から作られるが、すでに炊いてみたり、黒酢をかけてみたところ、おじやになるというわけですか。

江戸時代には大きな違いが曖昧になってから。羽釜が登場したものもおかゆと呼ぶんですねー。

おじやと雑炊には大きな違いがある。ただし、その区別は広く共通のものを指しますが、これも確かでは、別種のものも雑炊と言っても良さそうです。

一度お米を水で洗うことによって、食べやすく消化しやすくなり、汁のなかに溶け出してしまった栄養素も食べることが多いのがおじや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です